プロフィール

かむろさんブログ

Author:かむろさんブログ
山形県最上町 神室連峰の麓
東法田という集落を拠点に、山好きが集まってます。
岳がない 東法田山愛好会という名称です
そんな私達の活動紹介ブログです。

神室連峰・標高はそれ程高くはないですが
痩せ尾根が作り出す雰囲気は訪れた人を惹きつけます。

行事参加等の問い合わせは 下記まで
suga.599@ninus.ocn.ne.jp

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:59

    maronnさん
    確かにヨコバイ心配でした~
    でも対峙して左程でもないなぁ~”
    っと言うのが皆さまの実感ではないでしょうか?
    NGさんのアドバイスは心理的安心感も促したのでは?
    皆さん落ち付いて集中すれば意外といけるもんですね、
    勿論 今後も油断禁物ですが。
    これを機にクライミングを少々勉強してみようか?っと考えてます。
    目指せジャンダルム・・・・・・・・・・(違うか”)
  2. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:49

    マロ7さん
    余韻は今以てありますね、特にタテバイの感触が・・・・
    今度は登るルート見渡せる時に行きたいですね
    しつこいですが再トライでしょうか?
    タテヨコバイ2~3回、周回すると高度感克服になるかも? 
    但し 天気の神様次第ですよね”
  3. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:43

    morinoさん
    天候の神さん、いつもながら都合よく演出してくれませんね。
    ガスで何処をどう登ったのか?不鮮明でしたし~
    やはりピーカンの時にルートを見渡しながら登ると感動も倍増するのではないでしょうか?やはり再トライ必須でしょうか?
  4. maronn

    maronn

    2013-08-15 (Thu) 22:42

    一番懸念してたヨコバイの一歩目、的確なお声掛けで皆さん難なく通過できましたね。
    何より「足が短い」ではなく「足が長すぎ」の声掛けには流石と思いましたぁ~
    無事頂上に立てて一番高い温泉につかり、ビールのおいしかったこと。ありがとうございました。

  5. マロ7

    マロ7

    2013-08-15 (Thu) 20:33

    何日経っても余韻に酔いしれる剣・立山でした。
    貴会様にはお世話になりました。(^^)
    今度こそ快晴の山頂から360度の大パノラマを満喫計画をお待ちします。
  6. morino

    morino

    2013-08-14 (Wed) 22:21

    深夜目覚めた時はどうなることかと思いましたが、行けてよかった。
    ガスは残念でしたが、終わり良ければ全て良し。
    これもみなさんのおかげです。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

155

剣岳・立山遠征-その2

カニのタテバイを攻める
剣2-①
二日目 ~ 剣山荘にて 美味しい食事と充分な睡眠をとり剣登頂へ万全の準備を整えていたのだが~
早朝3時過ぎ目覚めると、外はガス&強風  マジっすか 
安全第一を考慮して~4時発は見合わせて明るくなる6時頃に出発
ガスは晴れませんが、風が弱まり気にならない程に。
剣2-②
誰もが天候を恨みたくなったが~暴風雨より~マシ”だとポジティブ思考
眺望は得られないが とにかく足元に集中して・・・・前へ前へ安全に
剣2-③
岩場~鎖場を登ったり 下ったり ヘツッたり 
ガスで高度感がないので~持ち前の危険センサーは稼働せず
剣2-④
日頃ウェイトで鍛えているカマケン氏、悠々登って来ます~
鎖には必要以上に頼らず、足場をキチンと確保しながら来ています。
剣2-⑤
誰もが案じていた「カニのタテバイ」にとうとう来ました~ 
ガスで上部の状況が今一見渡せないのですが~やはり垂直の岩場です、
鎖と足場の16㍉ボルトが程良く設置されているので、案じていた程ではなく
センサーも稼働しませんでした、皆さんも上手に攻略しているようでした。
剣2-⑥
カマケン氏も 名古屋から来たご婦人方からコーチングを受けて
上手にスイスイ登って来ます~私は股関節が外れんばかりの大股で登ってしまい
腕には必要以上の負荷をかけてしまった~足をかける場所は意外と沢山あるので
落ち付いて対処すれば「怖がる必要はまったくないのでは?」
剣2-⑦
タテバイを通過して~間もなく山頂へ 「2999m」 皆さん感無量の表情でした。
小一時間程 休憩撮影会をして 下山へ
剣2-⑧
もう一つの懸念 「カニのヨコバイ」 桟橋が大の苦手のS氏ですが 
的確に対処して 左程難なく通過 心配していた最初の一歩も
赤スプレーが噴霧してあって、楽ちんに通過出来ました、
剣2-⑨
この日の為にタテヨコバイの事前学習を沢山積んできたNG氏により
1人1人を的確に誘導(声掛け)していただき安全に通過できた。
剣2-⑩
梯子の下降~しっかりと固定されている為、安心して降りる事が出来た。
剣2-⑪
別山尾根ルートの鎖場を全て終えて~カマケン氏 やりきった感溢れる表情
剣2-⑫
剣山荘が見えてきた・・・・・達成感が体中から溢れる・・・
剣2-⑬
剣山荘前にて~群馬の学生さん達からシャッター押していただきました 
剣2-⑭
ランチ休憩後、剣御前ルート(トラバースルート)から別山乗越へ
達成感からか?なんだか足取りが軽い  
剣2-⑮
剣沢野営場を見下ろして~名残惜しむ 今度はピーカン天気に再トライしたい”
剣2-⑯
雪渓とお花畑のトラバースロードもあと少しです、剣御前小屋が見えてきました
剣2-⑰
別山乗越からは、新室堂乗越経由で室堂平へ下山します、
いつの間にか空は青空になり、皆さんの気分もテンションアップです。
剣2-⑱
名残惜しむかのように下山します・が この後は温泉浸かって   
剣2-⑲
クライミングや登攀のような技術は持ち合わせてはいないので、
源次郎尾根等の上級者ルートは無理であるが・・・・・・・
今回の別山尾根ルートや早月尾根ルートで再登頂したい
ここ剣岳”又来ても余りある感動と自身の進化をもたらしてくれるのでは~
今度こそは 快晴の山頂から360度の大パノラマを満喫したいと誰もが思った 
のではないでしょうか   
剣2-⑳
その晩の宿泊所「みくりが池温泉」では美味しい食事と快適な風呂を堪能した。
スポンサーサイト
6

Comment

  1. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:59

    maronnさん
    確かにヨコバイ心配でした~
    でも対峙して左程でもないなぁ~”
    っと言うのが皆さまの実感ではないでしょうか?
    NGさんのアドバイスは心理的安心感も促したのでは?
    皆さん落ち付いて集中すれば意外といけるもんですね、
    勿論 今後も油断禁物ですが。
    これを機にクライミングを少々勉強してみようか?っと考えてます。
    目指せジャンダルム・・・・・・・・・・(違うか”)
  2. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:49

    マロ7さん
    余韻は今以てありますね、特にタテバイの感触が・・・・
    今度は登るルート見渡せる時に行きたいですね
    しつこいですが再トライでしょうか?
    タテヨコバイ2~3回、周回すると高度感克服になるかも? 
    但し 天気の神様次第ですよね”
  3. 管理人

    管理人

    2013-08-17 (Sat) 21:43

    morinoさん
    天候の神さん、いつもながら都合よく演出してくれませんね。
    ガスで何処をどう登ったのか?不鮮明でしたし~
    やはりピーカンの時にルートを見渡しながら登ると感動も倍増するのではないでしょうか?やはり再トライ必須でしょうか?
  4. maronn

    maronn

    2013-08-15 (Thu) 22:42

    一番懸念してたヨコバイの一歩目、的確なお声掛けで皆さん難なく通過できましたね。
    何より「足が短い」ではなく「足が長すぎ」の声掛けには流石と思いましたぁ~
    無事頂上に立てて一番高い温泉につかり、ビールのおいしかったこと。ありがとうございました。

  5. マロ7

    マロ7

    2013-08-15 (Thu) 20:33

    何日経っても余韻に酔いしれる剣・立山でした。
    貴会様にはお世話になりました。(^^)
    今度こそ快晴の山頂から360度の大パノラマを満喫計画をお待ちします。
  6. morino

    morino

    2013-08-14 (Wed) 22:21

    深夜目覚めた時はどうなることかと思いましたが、行けてよかった。
    ガスは残念でしたが、終わり良ければ全て良し。
    これもみなさんのおかげです。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。