プロフィール

かむろさんブログ

Author:かむろさんブログ
山形県最上町 神室連峰の麓
東法田という集落を拠点に、山好きが集まってます。
岳がない 東法田山愛好会という名称です
そんな私達の活動紹介ブログです。

神室連峰・標高はそれ程高くはないですが
痩せ尾根が作り出す雰囲気は訪れた人を惹きつけます。

行事参加等の問い合わせは 下記まで
suga.599@ninus.ocn.ne.jp

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 管理人

    管理人

    2014-03-18 (Tue) 09:34

    すいませんコメント遅くなりました、
    みんなヘロヘロでしたョ 私も足が攣ってしまい
    途中マッサージしながら帰ってきました。
    すばるぅさん~見たとこ余裕ありげにみえましたが?

    テレターンは一朝一夕にはいかないですね、
    他の方よりも覚えが悪い方なので・・・・・・
    あんまり特化すると最上では世間体が微妙になるのですが。

    大尺山はハード系でしたが~これから開催予定の雪上ハイクもありますのでまたの参加お待ちしています。 コメント遅れてすいませんでした!
  2. すばるぅ

    すばるぅ

    2014-03-16 (Sun) 21:08

    初コメです…が!
    3/9大尺山へご一緒させていただいてました。あいつです!あいつ!!最終的に一番ヘロヘロになってたヤツです(笑)
    今までにないくらいの疲労感でしたが、天気も含めそれ以上の内容でとっても思い出に残る山行でした。
    ぜひまた参加させていただきます。このたびはありがとうございました!!
    あと、大尺山からも滑り、実は一同注目で、「うまくなってる~」っとの感想でしたよ~

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

185

2014神室連峰・大尺山

昨日までは猛吹雪の最上町、前が見えない程荒れ狂っていたのだが・・・・・・・
夕方のピンポイント天気予報では~明日は晴れ・・・嘘でしょ?
気象予報学に基づいた予報なのですが、窓の外の吹雪を見ながら半信半疑で翌朝を向える~
快晴の朝!! そそくさに準備をして集合場所の「りんどう」へ
横川集落まで移動して午前8時頃ハイク開始 約30分前に当会・会長は一人で先行ラッセル 
尺1
土日でこんな日(快晴)はシーズン中滅多にないでしょう すこぶる気持ちの良いハイク
尺2
八森山から大尺山までの稜線も朝日に照らされて輝きを放つ。
尺3
普段は何気ない杉木立も~今日は一段と素敵に映える。
尺4
清水沢を渡渉して、清水沢沿いを往く  影絵が絶妙だとは思いませんか??
尺5
渡渉後から~遅れて出発してきたサイボーグS島氏(山スキー)がラッセル先頭に立つ
還暦過ぎても体力は20代?並 山頂まで終始先頭で隊を引っ張る・・・
休憩後~伐採地から尾根に取り付く~
これまた還暦過ぎたY鍬氏はここで半袖になりサイボーグS島氏に続き二番手ラッセル
私(50歳)、この時点で結構きてます!! 
尺6
密林の尾根を過ぎて標高800m位から開けた尾根になり、景色を楽しみながら登っていけます
(帰路の滑走は良かったですよ・・・・)
尺7
第一目標点いつもの830での記念撮影! ここより小又山がお目見えいたします。
尺8
第二目標点960までなかなか歩がすすみません~S島氏からの遅れ≒30分かな?
尺9
共にキツクなって来た翔ちゃんと、写真撮影したりしながら牛歩状態・・・・俺を置いてくのかぁ~
尺10
あそこ960地点 みんな休憩しながら待っていてくれてます・・・・が
私が到着するや~どれいくぞ 長時間の休憩は体が冷えたらマズイのです・・・・・
尺11
皆が出発した後~小又山を見ながら小休止・・・・一人は寂しいので翔ちゃんを人質にして 
尺12
右側の巨大な雪庇の裂け目がブナから2m位の所にあり危険でした
裂け目は大きな口を空けているのですが~昨日の降雪でトラップ状態になっている ヤバッ
尺13
第三目標点1113までは枝に付いた霧氷が美しい~まるで冬に咲いた桜のよう
尺14
美しく輝く霧氷林の花道が心地よい~ 
登った者にしかわからない感動がそこにはあった
尺15
樹林帯を抜けて振り返れば・・・・・最上郷・・・・屋根のない田園博物館とも言うらしい??
尺16
やっと1113に到着  先行隊はもう既に山頂へのドームを登り終える所・・・・はやっ
ここから翔ちゃん 怒涛のダッシュ 先行隊を脱兎のごとく追って行ったのだが~
尺17
暫し絶景を楽しみながら小休止 大尺ドームの右には怪峰・火打岳
尺18
ドームでは 追いかけた翔ちゃんがもうすぐ追いつきそうな勢い・・・・やはり若い!!
尺19
小又山の美しさに見とれていると~ドームにアタックせずにはいられなくなった
尺20
下からヘロヘロ登って行くと~上からサイボグS島氏が見参 見事な小回りで1113に滑り降りていった
尺20-1
1113に滑り降りていったS島氏を振り返り~いまだドーム中途で辟易している自分に活を入れる。
尺21
やっとドームを登りきった~ここから平坦な稜線を100m??位いけば山頂だが
皆は山頂撮影終えてもうすでに1113まで下山している~終始笑顔のT也さん Y鍬氏 翔ちゃんが
ドーム上で待っていてくれている でも体力筋力はMAX寸前 
いちおう 一昨年はピーク踏んだからっと 自分に納得させて 帰りの事も考えて ここで止め
尺22
美しい八森山からの稜線
尺23
向かって左の尖がり大尺山ピーク 右は怪峰・火打岳
尺24
そして・・・・小又山へとつづく稜線美 好きですこの景観 
尺25
ドーム下から眺めるシュプール ・・・・・ 
尺26
「山の遊び人」の面目保つ為に 美しいシュプールを刻もうと心がけたのですが~誰も興味なしのよう
尺27
帰路ヘロヘロ状態で帰還 でも 最高に思い出深い山行になったと思う。
みまさん大変お疲れ様でした~どうもありがとうござました、またマニアックな山行いたしましょう

見て頂いた方、最後に拍手お願いします。・・・・・・・必ず 
スポンサーサイト
2

Comment

  1. 管理人

    管理人

    2014-03-18 (Tue) 09:34

    すいませんコメント遅くなりました、
    みんなヘロヘロでしたョ 私も足が攣ってしまい
    途中マッサージしながら帰ってきました。
    すばるぅさん~見たとこ余裕ありげにみえましたが?

    テレターンは一朝一夕にはいかないですね、
    他の方よりも覚えが悪い方なので・・・・・・
    あんまり特化すると最上では世間体が微妙になるのですが。

    大尺山はハード系でしたが~これから開催予定の雪上ハイクもありますのでまたの参加お待ちしています。 コメント遅れてすいませんでした!
  2. すばるぅ

    すばるぅ

    2014-03-16 (Sun) 21:08

    初コメです…が!
    3/9大尺山へご一緒させていただいてました。あいつです!あいつ!!最終的に一番ヘロヘロになってたヤツです(笑)
    今までにないくらいの疲労感でしたが、天気も含めそれ以上の内容でとっても思い出に残る山行でした。
    ぜひまた参加させていただきます。このたびはありがとうございました!!
    あと、大尺山からも滑り、実は一同注目で、「うまくなってる~」っとの感想でしたよ~

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。